SINRA MOVIE

ソーダストリームで日本をもっと熱く、応援したい コンパクトで便利な日本限定「SodaStream mini(ソーダストリームミニ)」9月に新登場! ~新鮮な炭酸水から考える地球の未来~

日本発のミニサイズで炭酸水をもっと手軽に!

今年9月に日本限定発売予定の「SodaStream mini」 販売価格:12,000円(税別)、カラー:ホワイト/レッド、高さ:36cm、ガスシリンダー25リットル用、付属品:専用500mlボトル(キャップ付き)、取扱説明書、ユーザーライセンス、保証書

今年9月に日本限定発売予定の「SodaStream mini」 販売価格:12,000円(税別)、カラー:ホワイト/レッド、高さ:36cm、ガスシリンダー25リットル用、付属品:専用500mlボトル(キャップ付き)、取扱説明書、ユーザーライセンス、保証書

 

去る6月5日の国連世界環境デーに、「SodaStream エキサイティング生炭酸 2018」が六本木ニコファーレで開催された。

メイントピックは、今年9月に日本限定新発売の「SodaStream mini(ソーダストリームミニ)」の初お披露目。日本のライフスタイルに合わせ、より便利に広く活用してほしいとのコンセプトから開発されたものだ。

「mini」の高さは36cm、既存の「Sprit」の43cmに比べて7cmダウンサイズ。日本のスモールキッチンでも邪魔にならないサイズ感がうれしい。コンパクトかつスタイリッシュで可愛い「mini」が登場したことで、アウトドアやレジャーなどにも手軽に持ち運べるので活躍の場がさらに広がるはずだ。まさに日本のライフスタイルにもピッタリの新製品なので発売が待ち遠しい。

イベントでは、俳優の浅野忠信さん率いるバンド「SODA!」がオープニングライブを熱演、その後、テレビCMでもお馴染みのブランドアンバサダーを務めるアンジャッシュ・渡部建さん、緊急来日したソーダストリーム社のグルーバルCEOのダニエル・バーンバウム氏、阿部祐二レポーターが登場するなどして大いに盛り上がった。

「SodaStream エキサイティング生炭酸 2018」イベントの様子。中央がバーンバウム氏、右が渡部さん

「SodaStream エキサイティング生炭酸 2018」イベントの様子。中央がバーンバウム氏、右が渡部さん

「炭酸水で日本をもっと元気でハッピーに」
CEOバーンバウム氏、熱く語る

「今回、私は日本にお礼、Thank Youと言いに来ました」
と、後日、プレス発表で語り始めたCEOのバーンバウム氏。

バーンバウム氏は寿司、中でもトロが大好きで、天ぷらならかき揚げファンとか。新鮮な日本の寿司やかき揚げに触れつつ、昨今の炭酸水需要の増加の中、”新鮮な”炭酸水を楽しめるソーダストリームのニーズは、日本でもっと広がるはずだと期待している。
ハイボール人気、強炭酸ブームの日本では、炭酸水の用途が確かに広がっている。
例えば、炭酸水を料理に使う方法。ソーダストリームの新CMにもなったように、水の代わりに炭酸水で米を炊くとふっくらつやつやに炊き上がり、冷めても美味しく味わえるとか、天ぷらの衣を作る水に炭酸水を半分程加えると、よりふっくらサクサクに揚がるなど、ほかにも炭酸水で髪を洗うと艶が出るとか、炭酸水の効用、利用法が注目されているのだ。
新鮮さや食の安全性にこだわり、応用性に優れた日本ならではの発想が、新鮮な炭酸水を”飲む”だけでなく、いろいろな料理などに活用する知恵を日本に教えてもらったとバーンバウム氏は言う。
そんなソーダストリームの日本市場は現在、大手小売店をはじめ全国に3000店以上の規模を誇り、成長率ではカナダと日本がトップ2だという。健康志向や環境も意識しソーダストリームを選んでくれた日本の人たちに感謝したいとバーンバウム氏。9月に発売される日本限定の「mini」の登場によってさらなる拡大が期待される。

地球に広がるマイクロプラスチック汚染を食い止めよう

ソーダストリームは世界シェアナンバーワンの炭酸水メーカーで、世界45カ国で展開され、毎年9億リットルもの炭酸水が愛飲されている、
ソーダストリームはフレッシュな炭酸水を普段の水で手軽に作れ、ガスシリンダー1本で炭酸水を60リットルも作ることができるので非常にコストパフォーマンスにも優れているのが魅力。そして何よりペットボトルなどのゴミが出ないのが一番大事なポイントだ。
今、地球規模で広がるゴミ問題、特にマイクロプラスチック汚染はこれからの未来の大きな緊急課題。ソーダストリームが特に訴え、取り組むのがこの環境問題だ。

バーンバウム氏が衝撃的な映像をいくつか見せながら静かに語り出した。
海に浮かぶ船の周辺を取り巻くのは海面を無数に覆い尽くしたプラスチックゴミ。
そして、北太平洋に浮かぶミッドウェー島の悲しい現状。200万羽生息するアルバトロス(あほうどり)たちが、海に浮遊するプラスチックゴミを餌と間違え誤飲し死んでしまう現象が増加しているという事実だ。
海洋ゴミの約70%がプラスチックゴミであり、世界中で毎日15億本ものペットボトルが生産されており、その数はおよそ地球6周分。そのペットボトル1本が分解されて土に還るのに450年もの年月がかかると算出されている。ペットボトルやポリ袋などのプラスチックは、分解される過程でマイクロプラスチックという5ミリ辺以下の小さなプラスチック粒子となるが、自然界にもともと存在していたものではなく残留し続ける。
アルバトロスの死骸は土に還り羽毛や骨が僅かに残されるが、誤飲した胃の中のプラスチック片やペットボトルの蓋はいつまでもそのままの形で残る不思議な光景や、誤飲したヒナたちが苦しみながら死んでいく様子が映し出されていた。
この現状はこの島だけではない。つい先日も、タイ南部でクジラが8キロものプラスチック袋を飲み込んで死んだニュースが報じられたばかりだ。今、世界規模で増え続けている大問題なのだ。

世界保健機関もマイクロプラスチック問題の研究を進めているという。世界中で市販されている有名ブランドのペットボトル飲料、約250本を調べたところ、そのほとんどに1本あたり300のプラスチック粒子が検出されたと発表された。リサイクルなどがなされても、目に見えず小さくなっても水に溶けないマイクロプラスチックの化学物質が、鳥や魚介類、それらを取り巻く我々も含めた食物連鎖の中で生態系に大きく影響してくることは疑いようがない。

「日本には安全性の高い美味しい水道水がある。その水道水を使ってソーダストリームで新鮮な炭酸水を作って、もっと日本や世界がハッピーになってほしい」
と締めくくるバーンバウム氏。

日本でも急速に広がりつつあるソーダストリームだが、まだ家庭への浸透率は1%程度。健康や環境意識の高い北欧スウェーデンの25%という数字に比べれば、まだ始まったばかりだ。
しかし、「健康」と「環境」という我々にとって最も大切なことを、身近なところから始められる手段でもあるソーダストリーム。未来のためにも正しいチョイスをしたい。(編集部)

 

ソーダストリーム公式HP

https://www.sodastream.jp/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日2018年6月15日

関連記事

ページ上部へ戻る