SINRA MOVIE ご購入はこちらから

クジラの体に象徴されるサスティナビリティ

a80abeb30248d113fafac1b7e0a24e26_s

ニーチェ「ツアラトゥストラはかく語りき」の永劫回帰の中で、

「隣人愛の精神は、自分自身への逃避である。

本来あるべき態度とは、未来に出現する者への遠人愛である」

と説いた。

これは、現在の持続可能な社会作りの、根幹となる考え方と共通する。

クジラは、その巨大な肉体から、あらゆる生物の象徴であると同時に、地球のサスティナビリティーの象徴として、語られるべきではないだろうか。

関連するバックナンバー:巨鯨伝説

SINRA 2016年9月号 13号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日2017年3月22日

関連記事

ページ上部へ戻る